Q-san's memorandum

パパさんローディの実業団奮闘記

Umezo練

●Umezo練 with Umeさん、Tigerさん、IBBさん

70km 2時間26分 Ave.230w/NP275w 148/180bpm TSS178 2016kJ

 
Y's名古屋店長による練習会に久しぶりに参加させていただく。

最近複数人と練習することが無かったので猛者たちの練習に混ぜてもらう。

今の自分には限界近辺の刺激が足りていない。

この日は登り主体のコースでUmeさんもTigerさんも登りが早いので

そのペースで引きずり回してもらうのが目的…。ちなみに有休で…。

子供を保育園に送ってから車で鞍ヶ池まで直行。

9時集合に対し保育園を7時45分くらいに出たが高速が混んでいなかったので

8時45分くらいには鞍ヶ池についた。SAを下ったところで3人と合流して香嵐渓へ。

3人は自走で来ているので香嵐渓までのアプローチは自分がほぼ先頭固定でアップ。

 
香嵐渓の広場からTTスタート。

UmeさんとTigerさんが入りからダッシュで面食らったがここで離れると

今日来た意味がないと思い意を決してブリッジ。そこから6倍やら5倍やら…。

35分程度の道のりであることは把握していたのでどこまで持つのか…と

若干萎え気味ではあるが集中はできている。

5分くらいで二人から調子悪い宣言が出始めペースも落ち着く。


4.5倍くらいでしのぐがローテをしている二人に入るほど余裕はない。

序盤の勾配きつめな区間を抜けると負荷に体が慣れてきたからか若干余裕が出てくる。

少しずつローテに加わり勾配が緩むところでダンシングでペースを維持。

そんな感じでしばらくすると10分過ぎでTigerさんがドロップ。

Umeさんも息遣いからかなりきつそう。

特にペースを緩めることなく勾配が緩むところで少し上げるを繰り返しているうちに

徐々にUmeさんも離れだす。ただプッツリ切れるわけではなく徐々になので

こちらも緩めず強度を維持する。


20分を過ぎるといよいよ単独となり後はタレない様にペダリングを意識しながら淡々と。

コースをうる覚えだったので残りがどれくらいか分からなかったが、

タイム的に35分近くなってきて尾根が見えていたので徐々に負荷を上げる。

緩い左コーナーを抜けるとトンネルが現れてゴールだと気付く。

Stravaのセグメントゴールがどこかわからなかったのでトンネル入り口まで流してゴール。

1分くらいでUmeさん、その後Tigerさんと続き、最後にIBBさん。

なんとこのメンツで先着できてしまった。恐るべしZwiftパワー…。

出力的には4.5倍弱で35分なので自分比ではかなりガンバった方だが

タイムが良かったのは追い風があったからだと思う。


Tigerさんはそこから下ってそのまま離脱されたが、

UmeさんとIBBさんで激坂周回を1周追加。

お二人ともお疲れモードだったのでそこそこ上げながら登頂。

一気に下って帰路へ。253号の途中でUmeさんと別れて鞍ヶ池に戻って終わり。

 
ちょうど昼過ぎだったのでIBBさんと瑞浪のみむらへパスタを食いに行く。

炙りマヨチーズナポリタン?と回転ずしにありそうな名前のガッツリ系を頼むが

味が濃すぎ&オイリーで半分まではうまかったがその後が苦行だった…。

やっぱ無難なメニューがうまいな。


距離的にはそれほどだったが目論見通り高い負荷で走れたことと、

強い人たちと一緒に走ることで何となく自分の立ち位置が見えたのは大きな収穫。

トレーニング内容の方向性も間違ってはいなさそうなのも確認できた。

また皆さんがキレッキレの時に引きずり回してもらおう。