読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q-san's memorandum

パパさんローディの実業団奮闘記

週末ハード練からの風邪ダウン

●土曜日 Umezo練 with Hattoriさん

109km 3時間25分 1590mUP Ave.219w/NP260w TSS225 2692kJ

土曜日Umeさんが出張ついでに鞍ヶ池で走るとのことで便乗させてもらった。

事前に上げないと聞いていたので脂燃やしに最適と思って参加させてもらったが

蓋を開ければ近年稀に見る詐欺お花見ライド…。

9時半集合だったが距離を乗っておきたかったので8時過ぎに鞍ヶ池SAに到着。

45分くらいTEMP域で走る。

Umeさん、Hattoriさんと合流して香嵐渓三河湖方面へ。

いきなり5倍やら6倍やらでアップダウンを走りだすのでそういう日かと納得。

いつものタイムアタック坂もHattoriさんとガシガシやりながら300w超で30分。

その先は比較的勾配は緩いが長めのアップダウンが続くコース取りだったが

後半はもはや足が残っておらず千切れずついていくのみ。

それでも上りは4~4.5倍は出せていたので進化はしている。

そもそも前日の45分ほぼFTP走のZwifレースが余分だった…

これのダメージが明らかに残っている感じ。

 

香嵐渓への下りでは前に出た途端内転筋が攣っておしまい。

鞍ヶ池SAまではチンタラ帰るつもりがUmeさんがそこそこいいペースで牽く+

かなりの勢いで雨が降ってきたので最後の力を振り絞る。

下りで休んだ為か意外とかかってTEMPくらいで巡航し最後の3段坂も勢いを落とさず。

久しぶりに100km超えでTSSも200を超えてきた。

かつ1600m近く獲得標高も稼げれたのでかなり内容の濃い練習ができた。

 

●日曜 平田クリテ C1

30km 42分 165/188bpm Ave.265w/NP308w TSS64 667kJ

前日のハード練でまともに走れる気がしなかったが2daysレースのつもりでモチベーションを何とかあげる。

前日にBCAA大目に摂ったり、セルフマッサージしたりやれることはやった。

そのおかげか朝どうしようもないような重さは感じずそこそこ動けそう。

会場に10時半前ごろ到着しローラーでアップ。

10分200w未満で流して、その後2分ごとに20w上げるRamp走10分、

最後に30秒ハイケイデンスを1分レストで3本。

脚の芯の疲れは残るものの何とか走れそう。

 

今日もメンツは強力。56さんを起点とした逃げの発生に注意。

レース作戦としては前日のダメージがあるので最後スプリント一撃のつもり。

序盤からアタック合戦でメンツがメンツなだけにみんな逃がさない…。

アタック→追走がしばらく続きシンドイ展開が続く。

3分の2を消化したくらいで逃げは無理オーラが漂い始めやっと落ち着く。

メンツ的にスプリント勝負に持ち込めばシード圏には滑り込めそうだが

トレーニングレースなのにそんな消極的でいいのか??と後半で思い始め

残り2周でバックストレートでアタックを仕掛け飛び出してみた。

追走はなくちょっとしたら56さんが追いかけてきてくれて

イケー!と檄を飛ばされる。そんなこともあって腹をくくって逃げ切りを狙う。

ストレート区間では5倍弱くらい出せていたかな。

何とか最終周まで粘るもバックストレート中ほどで捕まってジエンド。

何とかチャレンジが様になり記憶には残るレースになった。

やっぱ単独で逃げを打つには5倍、6倍近くでの巡航レベルを上げないと難しいな。

 

で、その夜から体調が悪化し、月曜日の朝はだるくて、筋肉のこわばり、

めまいと風邪の症状がモロに出ていて仕事に行ってみたものの午前中でダウン。

午後休を取って昼から寝込む。

風邪気味のところに連日の高強度が効いたか…。

この辺のマネジメントもしっかりしないと稼いだ分が無駄になってしまうな…。