Q-san's memorandum

パパさんローディの実業団奮闘記

カンパでローラー三昧(後半)

年明けに参戦したもてぎのレース翌日くらいの筋肉痛発生を期待したが
予想に反しだるいくらい…。あれだけ頑張ったのに筋力的には追い込み不足?
前日は筋トレ系だったので今日はベース練。SST漬け
●朝ローラー Zwift - SST(Mid) 中断
45 Ave.245w/257w 142bpm/157bpm TSS55 663kJ
 
この日はSSTフォーカスのワークアウトで
5SST上限→5SST下限 連続3set2set
つなぎのレスト中に1分だけ330wまで上げる。
アップ段階で意外と普通にワットが出ていたので案外いけるか?と思ったが
MSが始まると一気にきつくなってSST上限でアップアップ。
 
心拍の上がりもイマイチだったので最後まで行けるか微妙なところだったが
1set目を終えたところで嫁さんから出かけるぞ指令が出て強制終了。
つなぎの1330wまでやって終わり。
 
帰宅後もう一発SSTをやっておきたかったので今度はサクッと1時間以内で
終われるショートver.SSTワークアウトで。
●夜ローラー Zwift - SST(Short)
50 Ave.260w/NP267w 144bpm/161bpm TSS65 780kJ
 
SST上限と下限を5分毎に行ったり来たりを連続4set
アップ段階でワットは低め。これは完遂できるか?とグレーな感触で
MSに入ると案の定SST上限が出ない。相当頑張るけどちょっと届くくらい。
でお決まりのキャリブレーションおかしいんじゃないか説を疑い
1本目のSST上限が終わったところで緊急キャリブレーション
数ワット上がったかな?というくらいでどうやらキツイのは事実らしい。
 
諦めてやれるレベルでやろうと切り替える。
SST下限は少しキツイくらいなので難なく消化。
2set以降でやっとSST上限出力が出てきた。
それと同時に同じペースで走る日本人と韓国人で3人パックになったので
俄然集中力もアップ。こういうところがZwiftのメリット。
 
3set目にはさらに脚が回り目標ワットに対し+10wくらい上げられた。
今日はTSS120と少し低めだったが到達時間が短めで、
筋疲労を感じながらもそれなりの負荷で集中して走れていたのがよかったかな。
週明けは実走で出力の出し方をローラーとリンクさせておきたいところ。