読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q-san's memorandum

パパさんローディの実業団奮闘記

モリコロエンデューロ 2時間二人チーム参戦

51.3km 1時間17分 169/184bpm 92/119rpm Ave.264w/NP.278w 1226kj

毎年恒例のモリコロエンデューロに今年もIBBさんと2人チームで出場。
今年は子供の運動会とかぶって参加が危ぶまれたが

何とか時間の都合を合わせて参加できた。

その事情もあって激戦となる第一走には間に合わず第2走担当で。

 

会場入りはスタートして15分ほどしてから。

急いで準備してコース脇で集団を確認してみると既にIBBさんは若干遅れ気味。

ストライダーの愛三チームが安全確保上、集団を分割する為かなりペースを

上げていたのと愛三コントロールが外れた後も強豪メンバーがかなり上げた為に

付ききれなかったみたい。

 

先頭を固めるのは実業団でもバリバリ走っているメンツばかりなので致し方なし。

もう一周回ってくるのを確認していると交代するとのこと!

急いで交代エリアまで走っていき何とかギリギリバトンタッチ。

 

アップ無しなのでアウトラップは抑え気味に。

それでも心拍は一気に170bpm位まで上がってしまったので何度も落ち着け―と

言い聞かす。交代した時点で1時間20分残っていたので8分/1周ペースで12周程度と

計算し、平均出力はSST位を意識して。

 

序盤は単独走行だったが、中盤は顔見知りの人たちとローテを回しながら

列車を組めた。基本登りで5倍で牽いて下りで前に出てもらう。

結局終盤で二人で回すことになってしまったがペースは終始7分30秒から8分以内で

維持できた。

 

途中足の裏?が攣りそうになってヒヤッとする場面もあったが落ち着いて

脱力して回避。ラスト3周くらいで4位(9位から?)まで上がって、

前と2分弱差まで近づく。

前が3人なのでほぼ単独状態で追いつくのは難しいが牽制か千切り合いで

タレてくるのを期待しながらペースは落とさずに前を追う。

 

結局ラスト1周でも前を捉えることは出来ずそのまま4位でゴール。

表彰台あと一歩届かずで残念な結果だったが、前の動きを気にしながら

7分台で回れたのでトレーニング効果としては及第点かな。

来年の戦略を考えなければ…。